高級腕時計は値段が高いだけあって、普通の腕時計よりも品質が良く丈夫な作りをしています。ですが、どんなに良い作りの腕時計であっても、直に皮膚に触れ続ければ汗や皮脂が汚れとしてブレスレッドについてしまいます。汚れをそのまま放置しておくと、錆ついてしまう原因となります。せっかく買ったのに高級腕時計の錆ができてしまえば、価値は下がってしまいます。ずっとキレイに使うためには、定期的なブレスレッドの掃除が必要になります。なるべくなら毎日ケースから出して、高級腕時計用の専用クロスかお手入れ用のセーム皮で汚れを落とす習慣をつけましょう。そうすることでブレスレッドの汚れは、ほとんど落とすことができます。クロスなどでは落とせない隙間の汚れなどは、つまようじや綿棒を使えばキレイになります。

ブレスレッドを外して丸洗いしてみる

徹底的にブレスレッドの汚れを落としたいと思うのなら、おすすめのお掃除方法があります。高級腕時計はブレスレッドを取り外しできるタイプが多いので、取り外しができる時計なら外してブレスを丸洗いすることができます。腕時計のブレスレッドを外すには、バネ棒外しという道具を使います。この道具は千円以下で購入できます。バネ棒外しを使ってブレスレッド部分を取り外したら、中性洗剤を入れた水に入れて丸ごと洗います。外す前に洗面器に水を入れて中性洗剤を少量加えて、よく混ぜて薄めの液を用意しておきましょう。やわらかい歯ブラシで液の中で、ブレスレッドを優しく擦り汚れを落とします。洗剤でついた皮脂や汚れが浮いてくるので、歯ブラシで弱い力で擦るだけでも充分にキレイにすることができます。

高級腕時計のケースも洗い、汚れを予防する

汚れが多くつきやすいブレスレッドをキレイに掃除しても、高級腕時計を保管するケースが汚かったら、また汚れがついてしまいます。掃除したブレスレッドの清潔さを保つには、ケースの汚れも落としておきます。ケースの掃除には専用のクロス、つまようじ、綿棒、ブレスの掃除にも使ったやわらかい歯ブラシを利用します。ケースの外側の表面部分は、クロスで拭いていきます。隙間の細かい部分はつまようじで汚れを取り、仕上げに綿棒で拭きます。ケースの内側部分は、外よりも汚れているので歯ブラシを使いましょう。歯ブラシは水で濡らしたり洗剤をつけるようなことはせず、乾いた状態の物でケースの中を掃除します。内側はブレスレッドについた汚れが移っているので、力を入れずに丁寧に隅々まで歯ブラシで擦ります。